あそび
Play

 子どもたちにとって「遊び」が大切だということはいろいろなところでお聞きになったことがあるでしょう。

こどもたちにとってなぜ「遊び」が大切なのでしょうか?

そもそも「遊び」とは?

  世の中では楽しいこと全般に対して「遊び」という言い方がされることが多いです。しかし本来、「遊び」というのは、自分がやりたいからやる活動であり、人から強制されてやる活動ではありません。

 よく「○○遊び」というような名の下に先生が用意した課題を子どもに課していることがありますが、これは本来の意味では「遊び」ではなく「活動」といった方がふさわしいでしょう。

 千葉幼稚園で子どもたちに経験してほしいと思っている「遊び」とは子どもが自主的・主体的に取り組んで生まれるものです。

遊びを通して育つものって?

 遊びは学びです。ただし、遊びを通しての学びというのは、結果として学ばれるというものです。例えば、子どもたちは体力をつけるためにといって「鬼ごっこ」をするわけではありませんね。

「鬼ごっこ」が楽しいからやるのです。しかし、「鬼ごっこ」の中で子どもなりに試行錯誤しながらいろいろと動き回るので結果として体力がつくだろうし、仲間とやりとりする力もつくだろうし...ということです。

「遊び」を通して、社会性の育ち、心身の育ち、知的能力の育ち等々、様々な面での育ちが見られます。

そして、こればかりではありません。

「遊び」は生きる力を育てます。

  自分からやりたいと思ってやり始める、そして、途中で投げ出してしまうのではなく、トラブルも乗り越えながら試行錯誤しながら(保育者に助けてもらいながら)「遊び」を進めていった先に、「やったー!」「おもしろい」「またやりたい」というような達成感・充実感が生まれます。

これは大げさに言えば、自分が世の中に対して力を発揮して生きているという実感です。こういう気持ちの積み重ねの中で「意欲」や「やる気」が生まれてきます。

いいかえると自分で学ぼうとする力、自分で自分を育てていく力=「生きる力」を育てているのです。

こういった力は受身の姿勢ではなく自らの思いで遊ぶことからこそ生まれていると考えます。

あそびにこだわる理由

由 田 学 園 千 葉 幼 稚 園
千葉市花見川区花見川1-29  ℡ 043-259-7095
Policy
blog
教育方針
幼稚園の日記
ちばFARM&Play


http://farmplay.exblog.jp
Concept

chibaFARM.html

jiao_yu_fang_zhen.html
▲アクセス
About
幼稚園について
Kids room
未就園児

1ri.html

hiyokorumu.html

jiao_tong_an_nei.html